スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

身障者用の駐車場

駐車場システムのエクノス(神奈川県相模原市、佐藤博社長)は、
障害者向け駐車場を確保するシステムを開発した。

ショッピングセンター(SC)などで、
障害者向け駐車場を健常者が使うケースが問題になっているからだ。


このシステムでは障害者向けと一般向け駐車場を区切る。
そして障害者だけが事前に渡したリモコンで、
ゲートを開けて利用する仕組み。

ショッピングセンターの運営企業はルール違反の利用に頭を痛めており、
このシステムの導入が広がりそうだ。


このシステムは、
健常者と障害者の駐車スペースをゲートで分離する。

障害のあるドライバーらには、事前にサービスカウンターで障害者手帳を提示してもらい、
専用の小型リモコンを無償配布する。
ただしリモコンがない場合でも、
ゲートに設置したインターホンを押せば、ゲートを開くことができる。


すでに今年1月から、
イオン津田沼SC(千葉県習志野市)の地下駐車場に設置されている。
障害者向けに9台分のスペースを確保して運用を開始した。

設置費は500万円程度だそうだ。


新システム導入後、
障害を持つドライバーの来店が増えているという。


光ブロードバンド工事体験

スポンサーサイト

フリーエリア

スポンサードリンク

スポンサードリンク

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。